ゼニカルのジェネリック医薬品について解説

ジェネリック医薬品は「同じ効果で価格がより安い薬」

肥満治療薬のゼニカルは、食事中の脂肪分の吸収を阻害してくれる薬で、ダイエットがなかなか成功しない人の強い味方です。ゼニカルの処方は保険がきかないため、費用は他の病気の治療よりも高額になります。費用が気になる人は、ジェネリック医薬品を試してみるとよいでしょう。

ジェネリック医薬品とは、もとの薬と同じ有効成分が使われた薬です。もとの薬と効果は変わらない一方、価格はより安くなります。有効成分の開発費や広告宣伝費がかかっていない分、もとの薬よりも低価格で販売できるのです。

ジェネリック医薬品は、同じ有効成分が配合されているだけでなく、臨床試験で効果が証明されています。ゼニカルは病院で処方してもらう薬です。病院に行くのが恥ずかしい、費用を抑えたいという人は、個人輸入でジェネリック薬を購入するとよいでしょう。

ゼニカルは、個人輸入代行サイトを利用することで、簡単に海外から取り寄せることができます。個人輸入代行サイトでは、まとめ買いで価格が割引されたり、ポイン還元されたりして、よりお得に買い物ができます。

ゼニカルのジェネリック薬の正しい飲み方

ゼニカルのジェネリック薬の服用方法は、もととなったゼニカルと変わりません。具体的には、食中か食後1時間以内に服用します。食後2時間以上経つと、脂肪は分解・吸収されてしまい、ダイエット効果が得られないので注意しましょう。とりあえず、食べたらすぐ飲むというようにした方がよいでしょう。

飲み会や会食などは、2時間、3時間と長くなりがちです。終わったあとに飲んでも意味がないので、どこかでタイミングを見計らって飲むとよいでしょう。あまり人に知られたくないので直前に飲んでおきたいと考える人もいるでしょう。

しかし、このような服用のタイミングは推奨されていません。どうしてもというなら、食事の「直前」に飲みましょう。せっかくの薬ですから、効き目のピークを逃さないように、気をつけて使用してください。

ゼニカルの服用中は、脂溶性ビタミンが不足してしまいがちです。マルチビタミンサプリなどを併用することをおすすめします。

ゼニカルのジェネリックの種類と購入方法

肥満治療薬の1つ、ゼニカルは、脂肪の吸収を抑える効果があります。ゼニカルは病院で処方されますが、海外から個人輸入で入手して使用している人もいます。海外通販では、ゼニカルが手頃な価格で取り扱われていますが、更に安価な後発のジェネリック薬の取り扱いもあります。

ゼニカルと同じ有効成分のオルリスタットを配合するジェネリック薬は、様々な製薬会社によって製造・販売されています。ジェネリック医薬品には、もとになった薬の有効成分がそのまま商品名になったものが多いです。ゼニカルの場合、ジェネリック医薬品には「オルリスタット(オーリスタット)」という名前がつきます。

また、「オルリガル」「スリムトリム」「オルリファスト」といった名前の商品もあります。いずれもゼニカルの有効成分であるオルリスタットが使われています。違いといえば、名前や、パッケージと薬の色、形程度です。ゼニカルと変わらない感覚で使用できます。

種類が豊富ですが、基本的には、どれを選んでも効果に違いはありません。個人輸入を使えば、オリジナルの先発薬と同一成分の後発薬が、お得に購入可能です。

ゼニカルのジェネリック薬は個人輸入が安い

ゼニカルのジェネリック薬は、個人輸入を利用することで、より安く手に入ります。個人輸入とは、個人が自分で使用するために、海外から商品を輸入することです。

本人が手続きをしたり、責任を持って使用することが求められますが、その点を理解していれば、価格の安いジェネリック薬が手頃に買えます。既にゼニカルを使用している人であれば、安価なジェネリック薬に切り替えることができますし、価格が安いので毎月の負担が軽くなります。

個人輸入のハードルは下がっているので、英語ができないと諦め掛けている人でも心配は無用です。個人輸入代行サイトを使えば、日本語で商品情報を確認したり注文の手続きができたりします。日本でインターネット通販に慣れている人ならより簡単です。

知名度が高く実績がある海外通販を選ぶこと、対応が親切で信頼できることを確認するなどが、利用における要点になるでしょう。個人輸入代行サイトの中には悪質サイトなサイトが存在したり、偽物の薬が紛れていたりするので注意が必要です。口コミなどの評価が高いサイトを利用するとよいでしょう。